ニュース

福応寺について2018.12.26

北向観音とは

北向観音とは

北向の観音様は全国的にも珍しい仏様です。その北向観音堂が福応寺の境内にあります。北向観音様の後背には亨保12年(1727年)に作られたことが刻字されています。

言い伝えによりますと「舟岡山(現・半田町)大智寺にて晩年の16年間を過ごした法源禅師が、77才の時、ここ内野に北向観音様を建立され」また、地元の方々から「北向観音様はいろいろなお願い事を聴いて下さる。中でも、子どもの願い事は聞き入れて下さる。」と伝え聞いております。

カテゴリ一覧

お知らせ福応寺について供養について寺子屋集い場メディア