寄り添う供養

概要

「Compassion」とは

福応寺が大切にしている「Compassion」という想い。つまり「救いたい」という慈悲心です。
仏教は衆生を苦しみから救うためにあり、旧来から葬儀や法事を通じて自然とグリーフケアを行なっていた場所でした。
檀信徒の家族の一員としての目線をもって寄り添い、また皆様にも供養にともに参加していただくように心がけています。

想いをかたちに、一緒にご供養する葬送儀

「想いをかたちに・・・」お人柄シートをつかい、故人を偲ぶことが出来る戒名や引導法語を心がけています。
戒名は出家名であることが前提ですが、産まれてきた子供に「こんな子になって欲しい」との願いでお名前をつけるのと同様に、戒名は亡き人が「生前こんな方だった」とお人柄が投影したお名前をつけるように努めています。
僧侶もご家族の一員となり故人を一緒に偲び、またご家族の方にも葬送儀に僧侶と同じ想いで参加していただき一緒に故人を送らせていただきます。

「一緒に供養する」参加型の法事

福応寺では僧侶とご参列者様が「一緒に供養する」ことを目指しています。
そのために、ご法事の意味を知っていただくための資料を配布したり法話をお話しさせていただいたり、お配りさせていただいている経本にて一緒に読経したりと、随所に工夫を取り入れ「参加型の法事」となるよう心がけています。

選べる供養のカタチ

交通手段の発達や生活環境の変化、家族制度の崩壊により、かつての檀家制度+墓地のみではお寺に助けて欲しいと思っている方すべてを救えません。
お寺だからこそすべての人を救う努力をしないといけないと想っており、「旧来からの墓地」・「個別永代供養の樹木葬」・「負担を減らしたい方のための合祀供養塔」と、さまざまな価値観の方々を受け入れられるように、“選べるご供養のお寺”として山内整備を進めております。

Contents

選べる供養のカタチ

選べる供養のカタチ

福応寺では、様々なご供養の種類を
ご用意しております。

葬儀について

葬儀について

福応寺でお葬式を行う際のご説明です。
慈しみの心で故人をお見送りいたします。

法事について

法事について

福応寺の法事についてご説明します。
福応寺では「参加型の法事」を心掛けています。